トップ / 医師の基本を考えてみる

医師の学びを知る

医師の基本を考えてみる

医師が入るべき保険とは

医師が入るべき保険とは何でしょうか。一般的には高所得の人が多いので、入る必要はないのではないか、そのように考えることもできます。しかし、医師こそ保険に入らなければなりません。単なる入院や死亡に対する保障だけではなく、その他にも様々な不測の事態をサポートしてくれるものがあります。例えば働けなくなった場合でも、以前の所得を保障してくれるものなどが、あげられます。これ以外にも高所得の人向けにも様々な商品があるのです。医師の立場にたって、しっかりサポートしてくれる保険は強い味方となります。働く上で何が起こるか分からないので、保険には是非入っておくべきです。

医師に保険が必要な本当の理由

医師のような高額取得者には保険は必要ない、そんなようにお考えになっていないでしょうか。何か不幸なことが起こった時、急に高額なお金が必要になっても、医師のような立場ならばお金をたくさん持っているので本当に必要ないのでしょうか。確かに事故や病気ならばもうすでに十分な蓄えがあるのかもしれません。ただしその状況が一生ずっと続くとしたらどうなるのでしょうか。その時には十分な所得が必要になるので、高所得者も所得保障が必要になります。高所得だからこそ、所得保障のような商品が必要になるのです。このように保険は高所得の人にも必要になるのです。

↑PAGE TOP