トップ / 医師になるのに重要な性格

医師の性格向き不向き

医師になるのに重要な性格

医師に向き不向きの性格とは

医師とは、人の命を預かる、とても尊い職業です。時には自分の手で人を助けられずに、命が失われていく様を目の前で見ていくことになります。ですので、その人の性格によって向き不向きはとても大きく存在します。悲しみや辛さを感じても、そのことを引きずらないで、また次に命と向き合う強さが必要です。また、とてもストレスがかかる仕事でもあります。実際に、鬱になる人も多くいます。そのため、上手にストレスを流していけることも必要な資質となります。

医師に性格向き不向きはあるのか

医師は、大学の医学部を卒業し、国家試験に合格しなければなりません。高給であり、人の命を救うやりがいのある仕事でもあります。しかし偏差値がいくら高くて国家試験に合格したとしても、実際働き出してからが本当の医療の世界を知ることになります。性格の向き不向きはあると思います。「白い巨塔」のドラマで知られるように権力紛争がありますし、人の命がかかっているわけですから、研修医時代は上司に叱られる毎日で、寝る時間もないほど仕事をしないといけませんし、それに耐えられるタフさがないとやっていけないです。

↑PAGE TOP