トップ / 医師に関して考えてみる

医師の情報をみる

医師に関して考えてみる

派遣されないから医師は高度な医療ができる

規則で医師は派遣されない立場に置かれているために、社会の医療水準は高く保たれています。集団で一つの疾病に立ち向かう必要性が高い業務内容ですから、ことあるごとに医療従事者が変わると全体の連携が乱れます。いつも同じ人員で仕事を遂行していれば阿吽の呼吸で作業できるので、医師を派遣する規則が今日においても作られないというわけです。従事者からしてみても、職場の人間関係が固定化されているので仕事のしやすさが向上します。医師の連携がきちんととれて、しっかりしたチームワークが保たれることで、より水準の高い仕事に従事出来るでしょう。

医師の派遣で人手不足解消

医者不足の病院に対し、医者を送る仕組みを整えるため「地域支援センター」という施設が各都道府県に設置されました。地方大学の医学部を卒業し一定期間地元で働くことを希望している人たちに対し、「地域枠」という地域枠出身の新卒医師を地域密着的な病院に派遣する仕組みが設けられてあったり、ボランティアや国からの要請があった場合や震災で被害にあった地域などへ医者が送られることもあります。派遣医師は自治体との連携を保ちながら、地域全体の支援を行っています。「地域支援センター」の取り組みにより、地域の医師不足が効率よく解消されております。こうした、プラットフォームが整のうことで、より多くの人に貢献できる機械を増やすことが出来ます。

↑PAGE TOP