トップ / 小児喘息の症状を抑える

小児喘息を治すため

小児喘息の症状を抑える

小児喘息の治療について

ぜんそくは子供に多い疾患で子供に起こっているものを特に小児喘息といいます。この場合ぜんそくの治療は小児科で行う場合が多いです。小児科ではまず聴診器で肺の呼吸音を検査し、その上で重症度に合わせて治療が行われます。近年では優れた治療薬の開発によって治療を継続することができれば小児ぜんそくもさほど重症化することはありません。軽度の場合、キプレス、シングレア、オノンといったロイコトリエン受容体拮抗薬を継続服用し、発作が起こらないようにコントロールします。これらの薬は長期服用しても副作用が出にくい薬です。

小児喘息とステロイド

小児喘息は、症状が出ていないからといって薬をやめてしまうとまた発作を起こし、気管支の状態を悪化させ、より一層発作を起こしやすい体質になってしまいます。薬は継続することが重要です。他にも、吸入ステロイドが発作予防のコントロールに使用されます。吸入タイプであるためさほど副作用も現れません。ただし吸入後にうがいをしなければ感染症を起こしやすくなります。喘息症状が出ている場合にはメプチン、ホクナリンといったβ受容体刺激薬を使用します。これは前述の薬より即効性があり、起こっている症状を改善してくれます。

↑PAGE TOP