トップ / 30代経験豊富な医師

30代の医師について

30代経験豊富な医師

若手の30代医師は苦労が多い

医師で20代や30代はまだまだ若手で患者から見ても学生と変わらない若い先生という印象を持たれるでしょう。事実、医療の現場に出向いて、まだ数年の若手の先生は現場では勉強の繰り返しだと思います。日々勉強で、国家試験に受かったからそれで終わりではなく、スタートです。苦労もこれから毎日のようにあるでしょう。ですが、医師になった当初の目的が人の役に立つという崇高な目標だったはずです。苦労の後には人に感謝される喜びを感じると、苦しさなんて吹っ飛ぶのが事実です。経験豊富な人材になるべく、頑張ってほしいものです。

30代の医師の技術について

20代で研修期間を終えた医師は、30代になると一人前になるべく、専門医の資格取得を目指して、勉強をしながら症例を稼ぐことになります。30代後半で専門医の資格を取得されます。専門医の資格を取られたら、技術は患者が全幅の信頼を寄せられるレベルまで達しています。専門医になられても、勉強は続けられますし、専門医のレベルを保つために定期的に試験を実施することが検討されています。専門医になる前の技術についてですが、目指している同じ分野・科の専門医をお持ちの先輩医師に師事しながらレベルを高めていくことになります。

↑PAGE TOP